多汗症注射の効果や口コミ情報を調べる

多汗症注射 注射だけでワキの汗・ニオイの悩みを改善!

dustup

なかなか人に相談しにくい体のニオイや汗の量。人間の体にはエクリン汗腺アポクリン汗腺というふたつの汗腺があります。エクリン汗腺には汗を出して体温調節をするなどの機能がありますが、分泌量が過多となると「多汗症」となります。また、アポクリン汗腺にはアンモニアや脂肪分が含まれており、これが「ワキガ」と呼ばれるニオイの原因となります。

ワキ汗注射は、エクリン汗腺に働きかけて注射だけで手軽に多汗症を改善し、同時に気になるニオイも改善へと導く治療法。ワキの下に注入することでワンシーズンから半年ほどの期間を快適に過ごすことができます。

多汗症注射の特徴

注射器

多汗症注射の治療では、ワキにボツリヌス菌を注入することで筋肉への付随運動を止め、エクリン汗腺の汗を排出する機能を緩めることで汗の分泌とニオイを抑えます。注入のみなので施術時間はおよそ5分ほど、費用も他の治療方法に比べ数万円とリーズナブルで、症状によっては保険が適用されることもあります。メスを使用しないため傷跡が残りにくく、ダウンタイムはほとんどありません。

ただし症状が中度・重度の症状にはボツリヌストキシンは効きづらいため、多汗症注射はあくまでも症状が軽度の方向けの治療法となります。


BOTOXVISTA

「アラガン」という会社が出しているボツリヌストキシン製剤が最も有名です。その他、ニューロノックスやゼオミン、リジェノックス、ディスポートなど、さまざまな国の製薬会社からボツリヌス・トキシン製剤が出ています。基本的にはどれもボツリヌストキシン製剤ではありますが、各商品の特性や品質管理、流通などの面から価格に差があり、ひとつのクリニックで複数種のボツリヌストキシン製剤を取り扱っていることも珍しくありません。




ワキガ治療

多汗症注射によるワキガ・多汗症治療は効果の持続期間が半年ほどなので、「夏場は汗が止まらない」「冬の暖房の効いた部屋にいるとニオイが気になる」など、特に汗とニオイによるトラブルが起きやすいシーズンに狙いを定めて治療を受けるのがおすすめ。ダウンタイムを気にする必要がないので仕事が休みの日などに受けておけば、そのシーズンをサラサラ快適に過ごすことができます。

ワキガは遺伝などのもともと体質が原因のことが大半ですが、食生活やストレス、肥満などの外的要因で悪化することも。規則正しい生活を心がけましょう。

このような方におすすめ

多汗症で、特に汗が出やすい時期を乗り切りたい方
先述の通り、多汗症注射には汗の分泌を抑える作用があります。効果が現れる目安は注入から3~4日後なので、汗を抑えたい時期のはじめに受けるのがおすすめです。
ダウンタイムがあると困る方
多汗症注射によるワキガ・多汗症治療は「ダウンタイム」とよばれるものがほとんどありません。注射跡が2~3日残ることもありますが、ワキの下なので目立ちません。また、痛みがある場合も日常生活に支障のあるような痛みを感じることはほとんどなく、翌日から普段通りの生活を送ることができます。
なるべく費用を抑えたい方
手術による完全摘出法やレーザー治療は、1回の費用が数十万円かかるものがほとんどです。多汗症注射なら1回あたり3万円〜10万円ほどなので、他の治療法よりも費用を抑えることができます。

よくある質問

Q.施術後の痛みはどのくらいですか?
痛みの程度は人によりますが、筋肉痛のような、日常生活に支障がない程度の痛みを感じる人が多いです。
Q.運動はいつからしていいですか?
施術当日や翌日は軽い運動なら問題ありませんが、無理な運動をしないように注意しましょう。日常的に運動をしている人は、どの程度までなら問題ないか担当医師にご相談ください。
Q.ワキガにも効果がありますか?
多汗症注射はエクリン汗腺に働きかけて汗の分泌量を抑える治療法です。そのため、アポクリン汗腺からのニオイによるワキガにはあまり効果は望めません。ただし、汗の量が抑えられるため、生乾きの服のような、いわゆる「汗臭さ」の改善には効果的と言えます。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
他の施術と比べて安全性が高いと言われていますが、一時的な筋肉の痛みなどが出ます。また、リスクではありませんが、効果の持続期間が他の施術よりも短いため、効果を継続的に得たい場合には、切れてきた頃に改めて注入する必要があります。
  
ダウンタイム
先述の通り、ほとんどありません。ダウンタイムが長いと困るという方におすすめの治療法です。

多汗症注射を受けられる地域

関東

九州・沖縄

多汗症注射の口コミ