ケミカルピーリングのニキビ跡ヘの効果や口コミ情報、費用を調べる

ケミカルピーリング 酸の力で肌表面に残る古い角質層をすっきりクリーニング

ケミカルピーリング

美容クリニックや美容皮膚科で施術されることが多いケミカルピーリングは、酸を肌に塗ることで古い角質が幾重にも重なってしまった皮膚の角質層をはがし、それによって新しい細胞への生まれ変わりを促す美肌治療の方法です。
使われる酸としては、主にグリコール酸や酒石酸・乳酸・リンゴ酸・クエン酸などのフルーツ由来の酸に代表されるαーヒドロキシ酸(AHA)、そして市販の風邪薬に含まれるアスピリンの原料であるサリチル酸をポリエチレングリコールに吸着させたサリチル酸マクロゴールに代表されるβーヒドロキシ酸(BHA)があります。

ケミカルピーリングの特徴

ケミカルピーリング剤の例

AHAは皮膚科で行われるケミカルピーリングはもちろんのこと、市販のピーリング剤などにも幅広く使われている成分です。主に角質層から表皮層の浅い層までのピーリングに用います。肌のターンオーバーを促し、コラーゲンなどの生成を促進する作用もあります。
一方のBHAは毛穴への浸透性が高いことから、角詮やニキビ、ニキビ痕、シミなどにも効果があります。AHAよりも若干深い層までピーリングすることができたり、ピーリング後のカサつきや肌荒れが少ないというメリットもある成分です。


ケミカルピーリング後のアフターケア

ケミカルピーリング後の肌は角質層が薄くなっているため、美白化粧水などの機能性化粧品の有効成分が普段よりも肌の奥にまで浸透しやすくなっています。中でもビタミンC誘導体イオン導入はケミカルピーリング後に行うことでより高い効果を発揮します。
いい事づくめのケミカルピーリングですが注意しなければならない点もあります。
それは角質や表皮を強制的に剥がすことによる表皮のバリア機能と水分保持機能の低下です。これによりピーリング後の肌は紫外線の影響も受けやすくなるため、日焼け止めや化粧水をしっかりと使うなどの施術後のアフターケアが非常に大切になります。



ケミカルピーリングの肌

ケミカルピーリングの実際の施術は、まず、ドクターとのカウンセリングで現在の肌状態を診断した上で、使用する適切な酸の種類や濃度、ピーリングする時間などを決めていきます。
その後はカウンセリングで決めた濃度と時間に従って、肌表面に薬剤を塗り、一定時間待った後に薬剤を優しく洗い流して施術が完了となります。
濃度によっては、まれに肌がピリピリすることがありますが特に心配はいりません。万が一、強い痛みを感じた場合は速やかにドクターにご相談ください。

このような方におすすめ

毛穴が気になる方
毛穴の奥に潜む角栓の汚れを溶かすことで、毛穴の黒ずみを解消することができ、同時に開いた毛穴も引き締まるため気になる毛穴も目立たなくなります。
また、古くなった角質層もはがすことで、年齢肌に多いたるみ毛穴の改善効果もあります。
気になるシミ・くすみをすぐにでも薄くしたい方
ケミカルピーリングでは肌表面上にある、本来ならターンオーバーによって排出されるべき古い角質をはがすことができます。
このとき古い角質上にあったメラニン色素が一緒に取り除かれるため、表面のシミやくすみ、色素沈着に対して即効性の効果が見込めます。
この古い角質や角栓は皮膚のざらつきの元でもあるため、ピーリングを行うことで柔らかくなめらかな肌になります。
ニキビに悩んでいる方
ピーリング剤に含まれている酸には優れた殺菌効果があり、ニキビの原因になるアクネ菌を減らすことができます。
つまり、ケミカルピーリングは既にできたニキビを治すだけではなく、これからできるニキビを予防することができるというわけです。
脂性肌や混合肌で肌のテカりが気になる方
乱れたターンオーバーを正常にすると過剰な皮脂分泌を抑えることができます。
これは脂性肌混合肌でテカリや化粧崩れに悩んでいる人には嬉しい効果です。

よくある質問

Q.痛みはどれぐらいですか?
基本的には痛みはないのですが、まれに肌が敏感な方などはピーリングに用いる酸の刺激でヒリヒリする場合があります。
痛みが強い場合はドクターにすぐにお伝えください。
Q.ピーリングをすると肌が乾燥するって聞いたのですが。
ピーリングすると乾燥肌になると思われがちなのですが、それは、施術後に保湿をしっかりとしてあげることで十分に防ぐことが可能です。
滞っていたお肌のターンオーバーを促進することで、逆に肌は潤い柔らかくなります。実は、乾燥が気になる時期こそピッタリなんです。
Q.何回目くらいで効果が感じられますか?
ケミカルピーリングによって、肌サイクルの乱れで肌の表面に残ってしまった古く硬化した角質層を剥がすことができるので、表面にあるシミやくすみの場合には1度の施術で効果を実感することができます。
ただし、ニキビや肌表面よりもより深い層にあるシミなどの場合には、5回程度の治療で効果を実感される方が多いです。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
治療後数時間(長くても1日程度)赤みが残る場合がありますが、ドクターの指示通りにアフターケアを行えば特に心配はありません。
  
ダウンタイム
施術後の肌の状態にもよりますが、基本的にはそのままメイクをして帰れますので、日常生活に支障をきたすような副作用はありません。

ケミカルピーリングを受けられる地域

関東

九州・沖縄

ケミカルピーリングの口コミ