PRP脂肪注入法(豊胸)の口コミ、モニター情報を調べる

PRP脂肪注入法(豊胸) 注入後の定着率が高さと持続期間が長さが特長

PRP脂肪注入法とは

女性のシンボルでもあるバスト。それゆえ悩みもさまざまで、「サイズアップしたい」「左右差を解消したい」「谷間が欲しい」「しぼんでしまったバストにハリを取り戻したい」「垂れ気味のバストを上向きに」など、ただ大きいバストを手に入れたいではなく、形や左右差の調整、見た目の若々しさを求めている女性は数知れず。さらに、できれば胸以外についている余分な脂肪もどうにかしたいと望む方がほとんどではないでしょうか。そこで注目なのが、PRP脂肪注入法自身の脂肪と血中の成分を利用した豊胸術で、従来の脂肪注入豊胸に再生医療を融合した豊胸術です。

PRP脂肪注入法の特徴

PRP抽出イメージ

以前から脂肪注入豊胸はありましたが、注入した脂肪が定着せず石灰化やしこりになるリスクがありました。最近では、採取した脂肪の不純物を取り除いたものを注入するのが主流となり、先述のリスクは軽減され自然なバスト形成ができるようになっています。しかし、脂肪が定着せずに体内に吸収され、思うようにバストアップが叶わないことも。そこで、注入する脂肪にPRP(多血小板血漿)を加え、脂肪細胞を活性化させ生着率を高めるのがPRP脂肪注入です。細くしたい部分から脂肪を採取しバストに注入するため、美しいプロポーションも同時に手に入るのが特長です。

血液の成分

PRP“=Platelet-rich plasma”は、多血小板血漿(たけつしょうばんけっしょう)というもので、血液の中にある血小板を多量に含む血漿のことを指します。血小板は主に血液を凝固させるものですが、これに加え細胞を活性化させ自己治癒力を高める成長因子という物質を放出させます。この作用が、脂肪細胞の活性化や新しい毛細血管を生み出し、脂肪の定着をUPさせるのです。PRPは、歯科治療や熱傷・創傷治療、さらにアスリートが抱えるスポーツ障害の治療にも応用されており、美容医療では豊胸のほかに肌の若返り治療にも取り入れられています。


PRP脂肪注入の流れ

PRP脂肪注入の施術は、まず太ももや腹部など脂肪が多い部位から脂肪を吸引します。この吸引した脂肪を精製し、不純物を取り除いた純粋な脂肪自分の血液から採取したPRPを一緒に注入します。注入箇所は、バストアップを目的とした場合には全体にまんべんなく、谷間を作りたいならバストの内側にといったように目的に合わせて調整が可能です。脂肪吸引に加えその脂肪を注入するので大規模な手術を想像しますが、施術時間は1〜2時間程度日帰りで受けられます。また、PRP脂肪注入に加え、幹細胞注入を行うことでさらに脂肪の定着率を高めることができます。

このような方におすすめ

シリコンバッグを入れるのに抵抗がある方
確実にバストアップができるシリコンバッグ豊胸ですが、人工物を入れるのは不安という方におすすめ。自身の脂肪を使った豊胸術なので、触り心地もふくらみもごく自然に仕上がります。
半永久的なバストアップを望む方
注入系の豊胸術にはヒアルロン酸豊胸などもありますが、自然に体内に吸収され効果は数年。PRP脂肪注入法は、定着した脂肪はそのまま残るので半永久的な効果が期待できます。
メリハリボディを手に入れたい方
ふっくらバストにくびれたウエスト、すらりと伸びた脚。脂肪吸引と豊胸が同時にできるPRP脂肪注入は、その願いがすべて叶う画期的な美容医療です。

よくある質問

Q.乳がん検査やパートナーにバレませんか?
自身の脂肪をつかった豊胸術なので、レントゲンにも映りません異物感はありません。見た目も触った感じも普通のバストとの違いはわからないと思います。
Q.注入した脂肪はどれくらい残りますか?
注入した脂肪の量に対し、通常の脂肪注入の定着率が3割程度に対し、PRP脂肪注入法は5〜6割程度。注入する脂肪の量でも変わりますが、最大2cupのサイズアップが可能です。2〜3ヵ月で定着するので、その辺りでバストサイズを確認してみてください。
Q.痩せ型の体でも受けられますか?
PRP脂肪注入法は、自身の脂肪を使う手術なので、脂肪吸引できるだけの脂肪がない痩せ型の方は受けられません。脂肪吸引が可能かはドクターの判断が必要なので、標準体型だと自負している方も事前に診断を受けることをおすすめします。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
注入した脂肪が定着しなかった場合、しこりや石灰化に繋がることがあります。また、脂肪を取りすぎて皮膚の凸凹やたるみが起こる可能性があります。脂肪吸引、PRPの採取、脂肪注入など工程が多いので、先述のリスクを回避するためにも、丁寧かつ経験豊富なドクターを選ぶ必要があります。
  
ダウンタイム
バストは1週間程度、痛みや腫れがありますが、家事や事務作業など軽作業程度は翌日からおこなっても問題ありません。痛みが心配な場合は、2〜3日休むようにスケジュールを調整しておきましょう。また、性交渉など1ヵ月程度はバストに強い刺激を与えないようにしましょう。脂肪吸引した箇所は、内出血が起こりますが自然となくなります。また、むくみや腫れもありますが、悪化しないための圧迫サポーターなどを1ヵ月程度着用することで回復を早めることができます。

PRP脂肪注入法(豊胸)を受けられる地域

関東

九州・沖縄