二重埋没法の写真や口コミ、モニター情報、費用を調べる

二重埋没法 メス不使用! 短時間でお手軽にあこがれの二重に

二重

生まれもってのまぶたの形は十人十色。腫れぼったいまぶたの人は、目が細く小さく見えるだけでなく、人に「眠そう」「暗そう」といった印象を与え、反対にパッチリとした目元は明るく快活な印象を与えます。

埋没法は、まぶたが腫れぼったく眼球の上部に被ってしまい、マイナスイメージを持たれてしまいがちな人をパッチリ目元に導く施術方法。二重の幅の左右差が気になる人や、年齢を重ねて二重のラインがぼやけてしまった人にも適しています。医療用の細い針と髪の毛よりも細い専用の糸でまぶたを内側から縫い留めて、メスを使わずに理想的な二重まぶたをつくり出します。

埋没法の特徴

キレイな二重

切らずに二重にするには、埋没法以外にもコスメで二重をつくるという方法もあり、二重コスメとしては主にまぶたを「接着剤でくっつけるタイプ」と、二重にしたいライン上に医療用ゴム素材やテープを貼ることで「接着はせずにまぶたに折り目をつけるタイプ」のものが市販されていますが、いずれも効果は一時的なものにすぎません。
そもそも二重まぶたとは、まぶたの皮膚が折りたたまれることで構造上発生するものであるため、ある程度まぶたの皮膚が薄くて、まぶたを引き上げる筋力が両方備わっていなければ自力で二重にすることはほとんど不可能だからです。
継続して使えば二重がクセ付くという話も耳にすることもありますが、それはその人のまぶたが元々二重になりやすい特徴(「目を開ける力が十分にある」と「まぶたの皮膚が薄い」)を兼ね備えているからに他なりません。
二重コスメは接着1回あたりの金額が安く修正もすぐにできる反面、日々同じ形のまぶたを継続するために、毎日のメイク時間と労力を消費し、コスメを購入し続けなければなりません。しかし、埋没法ならわずか10分ほどの施術で理想の二重まぶたが手に入り、毎日のメイク時間の大幅カットが可能。
一度手術を受ければ、糸が取れない限りは半永久的に二重まぶたを継続できるため、場合によってはコスメを購入し続けるより出費を抑えられることもあります。

埋没2点留め

埋没法は上まぶたを挙げる筋肉を糸で留める施術。メスを使用しないため、まぶたを切って二重をつくる「切開法」よりもダウンタイムが少なく、傷跡も目立ちにくいのが特長です。
また、留めた糸は抜くことができるので、修正をすることも可能です。留める箇所(点)は1点から留めることができますが、その点数が多いほど強く留まり、長期持続が望めます。ただし、強く留まり過ぎていると、修正をした際にもとの留めていたラインが跡になって残ってしまうことも。留める点数を考える際は、跡が残ってしまうリスクも考慮した上で担当のドクターに相談しましょう。
※画像は2点留めの場合

一点留め
「一点留め」は、元々切開法と比べて身体への負担が少ない施術法として知られる埋没法の中でも、特にまぶたに通す糸の量が少ないため、別名「クイック法」とも呼ばれており、まぶたの腫れなどもほとんど気にならない程度に抑えられるほか、施術料金も安く済ませられるため最も手軽に受けられる二重形成術として人気があります。
ただ、ここで注意しておかねばならないことがあります。それは、「一点留め」はどんな人にでもまんべんなく効果があるものではないということです。
実はこの「まぶたに通す糸の量が少ない」ことによるメリットは裏を返すと、通す糸の量が少ない分、「留められるまぶたの厚みに制約が生じてしまう」、「この施術法を適応できる範囲」が狭められてしまうというデメリットもはらんでいます。
「一点留め」のもつメリットを最大限に受けることができるのは、元々まぶたが薄くて普段はアイプチで二重にできている人と考えてください。
まぶたに厚みがある人の場合には思うような二重になれない可能性があります。
ニ点留め
「二点留め」とは、その名の通り、まぶたを二箇所で留める施術法です。埋没法と言えばこの二点留めのことを指すほど美容医療の世界では広く知られた施術法となります。
まぶたを留める数が「一点留め」よりも多い分、より長い期間効果を持続できることが特徴です。
この施術は、知名度が高い分多くの美容クリニックで実施されており症例の数も非常に多いです。
そのため、各クリニックでは、他院との差別化をはかるべく、ドクターが中心となって、糸の素材を工夫したり、糸や施術に使う針をより細いものに変えるなど、「いかにして施術時の痛みや施術後の腫れなどのダウンタイムを抑えつつ最大限の効果を出すか」を日々切磋琢磨しながら追求しており、クリニックやドクターによって結果に差が出ることもある施術となっています。
三点留め
「三点留め」は、まぶたを三箇所で留める施術方法で、留める点が多い分、一般的な埋没法として広く行われている「一点留め」や「二点留め」と比べても二重の持ちが良くなります。
過去に「一点留め」や「二点留め」の埋没法を実施してもすぐに二重が取れてしまった方や、加齢によって皮膚がたるんでしまっている方に適用されることが多い方法となっています。
四点留め
「四点留め」は、埋没法の中でも施術するドクターの技量により結果が左右される難易度の高い施術です。
一本の糸を使う「三点留め」までとは異なり二本の糸をループ状に埋没させることで四点をしっかりと固定できるため、目頭や目尻のラインを希望通りにデザインできるメリットがあります。
外国人に多い平行型二重を希望する方や、皮膚のたるみのために目尻側の二重ラインが見えなくなってしまう方、そして「三点留め」同様に以前に埋没法で二重にして戻ってしまった方など、他の埋没法では希望する二重の実現が難しいとされている場合に、この「四点留め」が行われています。

このような方におすすめ

腫れぼったいまぶたのせいで人からマイナスイメージを持たれた経験がある方
目元がスッキリしない印象の人は「眠そう」「暗そう」「怒ってるのかな?」など、マイナスイメージを持たれがち。眼球に被ってしまっている腫れぼったいまぶたの皮膚を糸で留めてラインを形成することで、正面から見た眼球の面積が広くなり、目がパッチリと大きく見え、顔の印象が華やかになります。
毎日二重コスメを使用している、二重コスメが手放せない方
二重コスメを使用していると、旅行に行った際やスポーツをする際など、メイクを落とすために、どうしてももとの目元に戻さなければいけない場面が発生します。埋没法で二重をつくっておけばメイクを落としてもパッチリ二重のままなので、すっぴんに自信が持てます。
ダウンタイムとコストは最小限に方抑えたい方
糸が取れてしまう心配がなく半永久的な二重が望めるのは切開法ですが、抜糸までの1週間はアイメイクができず、抜糸後に腫れが引いてラインが完全に馴染むまで約6カ月ほどの期間を要します。埋没法は腫れのダウンタイムが約1週間弱、内出血があった場合にも1カ月ほどで落ち着く人がほとんどですので、仕事が忙しくてあまり休みが取れないという人にも適した施術方法と言えます。費用は留める点数によって変動しますが、切開法の相場が30万円前後なのに対し、埋没法は1点法で1万円前後から、点数の増加や術後保障がついても20万円前後と比較的リーズナブルです。

よくある質問

Q.施術中の痛みはどれぐらいですか?
点眼麻酔、麻酔クリーム、局所麻酔などを使用してから施術を受けるため、施術中の痛みはほとんどありません。術後麻酔が切れるとズキズキと鈍い痛みを感じることがありますが、その痛みも3日ほどで徐々に治まってきます。
Q.糸で留めたところが取れてしまうことはありませんか?
まぶたを強くこすってしまったり、もともとまぶたの脂肪が多い人は、せっかく留めた糸が取れてしまう可能性があります。施術後は引っ張っる・こするなどの強い刺激をなるべく与えないようにしましょう。また、まぶたの脂肪が気になる人は事前に担当のドクターに相談しましょう。
Q.左目と右目で二重幅に差があるのですが、埋没法で改善することはできますか?
はい。担当するドクターの技量にもよりますが、左右のバランスをみながらできるだけ自然になるように施術しますので、糸で二重ラインを固定する埋没法で左右差をそろえることは十分可能です。
もちろん、目の形は個人差があるものですから、ドクターの事前診察時にその人に合った方法を提案してもらえますのでご安心ください。 なお、埋没法は両目だけでなく片目だけでも可能なので、左右のどちらか形の綺麗な方に合わせるということもできます。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
人によって施術後の赤み・腫れが強く出る場合があり、中には内出血を伴う人もいます。また、強い刺激で糸が取れてしまうことも。腫れが引いて落ち着いたときに理想通りの幅にならないこともありますので、施術前のカウンセリングで担当ドクターとしっかり話し合ってから施術に臨みましょう。
  
ダウンタイム
腫れ・赤みは術後数日〜1週間ほど。内出血をしてしまった場合は約1カ月ほどかかります。はじめのうちは腫れているので術前よりも眠そうな顔に見られてしまうこともありますが、日が経ち、症状が落ち着いてくるにつれて腫れが引いてラインが定まってきます。施術中に涙を流してしまうと施術後に大きく腫れ、ダウンタイムが長引く原因になりますので、麻酔をしてもなお施術中に痛みを感じるようなら、我慢せずに麻酔の追加を申し出ましょう。

二重埋没法を受けられる地域

北海道・東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

二重埋没法の口コミ