小陰唇縮小の口コミ情報や費用を調べる

小陰唇縮小 肥大した小陰唇(しょういんしん)を部分的に切除し小さく形を整えます

小陰唇縮小

身長や体重、手足の長さがみんな違うように、小陰唇も人それぞれです。デリケートな部分なので病気かなとも心配しがちですが、小陰唇の肥大化や色素異常、いびつな形状は外見が醜いからといって決して病気ではありませんし、子宮や卵巣などの内性器や月経に特に異常がなければ、女性の性的機能にも問題はありません。しかし、小陰唇は外側から見える部分なので「どうしても気になってしまう。でも誰にも相談できない…」という女性はたくさんいます。どうしても恥ずかしいと感じる方は、女性の悩みに特化したクリニックで相談してみてはいかがでしょうか。

小陰唇縮小術の特徴

小陰唇の役割り

小陰唇は皮脂腺からの分泌物で常に湿った状態で左右がくっつき、尿道や膣の入口を覆い、細菌などの外敵の侵入を阻止しています。さらに、小さな尿道から高圧力で排出される尿が飛び散らないように防ぐ働きがあります。そして、性的に興奮すると普段は閉じている小陰唇が膨張し、男性器が挿入しやすい状態になり、挿入後はピタッと密着するので男女の性交時の快感をアップさせ、射精を促します。先述の通り小陰唇の肥大化や左右差などは病気ではありませんが、恥垢(腐敗した分泌物)が溜まりやすいため不衛生尿の飛び散り性交痛に悩まされることがあります。

小陰唇肥大の特徴

小陰唇肥大の原因は先天性といわれていますが、実際のところはっきりしていません。肥大化の他にも左右非対称や黒ずみといったような症状があります(※図参照)。しかし実際のところ、小陰唇は他人と見比べる機会もほぼありませんし、自分の小陰唇がどんな状態なのか把握していない女性が多いのが現状です。ですから、「下着で擦れた時や自転車にまたがっているときに痛みや違和感を感じる」「強い性交痛がある」「ニオイが気になる」「おりものの量が多い」「排尿時に飛散することがある」といった悩みがある場合、小陰唇が原因となっている可能性があります。

小陰唇縮小術の方法

小陰唇縮小術は、肥大化や色素異常、いびつな形状の小陰唇の余分な部分だけを切除する極めてシンプルな手術です。電気メスもしくは普通のメスで切除した後、基本的には体内に吸収されるタイプの糸で縫合します。術後の痛みや仕上がりには、この縫合が丁寧かつ美しくなされているかが重要です。また、小陰唇縮小は外科的アプローチでしか解決できません。そのため切除した皮膚は再生することはありませんので、専門性の高いクリニックで受診するもしくは無料カウンセリングを利用して複数のクリニックで、信頼できるドクターを探すことをおすすめします。

このような方におすすめ

小陰唇の形や大きさにコンプレックスを持っている方
デリケートな部分ゆえ、親しい人にさえ打ち明けづらい小陰唇の悩み。小陰唇縮小術は1回の手術でこのコンプレックスを解消できます。
小陰唇が原因で男女関係に消極的になりがちな方
小陰唇の見た目が気になっていると、パートナーとの性交も積極的になれない方は多いです。小陰唇縮小術を受けることで精神的にも落ち着きますし、パートナーとの交流に負担を感じなくなります
周囲に気づかれないように手術を受けたい方
小陰唇縮小術は約30分〜1時間程度で終了します。また日帰りでできるため、手術当日さえ安静にしていれば、翌日からデスクワークも可能。長期休暇を使わなくてもいいので、周囲に知られることはほぼありません。

よくある質問

Q.妊娠や出産がしづらい、またはできなくなったりしませんか?
膣の働きに影響はないため妊娠や出産も問題ありませんし、他の器官にも影響はありません。
Q.手術を受けた後再発する可能性はないですか?
小陰唇は20歳くらいで成長が終わります。従って再び大きくなることはありません
Q.小陰唇はどれくらいのサイズが標準ですか?
日本人の小陰唇の平均は1.7cmです。それより大きくて気になる、擦れて痛いなどの悩みがある方は一度クリニックに相談してみてください。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
術後、血腫や感染症が起こることがあります。縫合後はガーゼやガードルで圧迫しているので血がにじむ程度が普通ですが、出血が目立つ場合は血腫の可能性があるのですぐにクリニックへ相談を。また感染症は陰部を清潔に保つことで回避できます。トイレの後ウォシュレットを使用する、入浴時はドクターの指導に従って丁寧に洗うなどして予防しましょう。
  
ダウンタイム
デスクワーク程度の軽作業は翌日からOKです。痛みや腫れは1〜2週間で落ち着きます。ハードな運動は1週間後から。性交渉はソフトであれば1週間、心置きなくできるのは1ヵ月程度必要です。自転車やバイクは陰部に強い刺激を与えるので1ヵ月は控えましょう。

小陰唇縮小を受けられる地域

関東

九州・沖縄