膣タイトニングレーザーの効果や口コミ情報を調べる

膣タイトニングレーザー 女性のデリケートな悩みを解決へと導くマシン治療

膣タイトニングmain

人に相談しにくい、女性のデリケートゾーンの悩み。加齢・出産だけでなく、肥満や姿勢の悪さなどで実に多くの女性が膣ゆるみを経験しています。また、席の離着席や咳などの軽い動きで尿失禁をしてしまう人も。

膣タイトニングは、メスによる切開・縫合を必要とせず、専用のヘッドによるレーザー照射で女性のデリケートな悩みを解決へと導く治療法です。施術時間は約15分ほど。1回の施術で効果を感じる人も多いです。日常生活に制限があるようなダウンタイムはほとんどなく、シャワーも施術の翌日からOKです。

膣タイトニングの特徴

女性の体

膣ゆるみは自分ではあまり気がつきにくいですが、トイレに行く回数が増えたり、お風呂やプールなどで水が入ってくるのを感じたりしたことで自分で気がつくことがあります。中には自分では気づかずに、性交渉後などにパートナーから指摘されて初めて膣のゆるみを意識し始めたという人も。また、加齢などによる骨盤底筋群のゆるみが原因で、小さな動きだけで尿失禁をおこしてしまう場合もあります。

膣タイトニングなら外科的手術を一切せず、レーザーで膣内部に熱を与えることにより、組織を活性化させて膣の収縮を促すことができます。


膣タイトニング

膣タイトニングのレーザーマシンにはいくつか種類があります。エルビウムヤグレーザーによる「インティマレーザー」、炭酸ガスレーザーによる「モナリザタッチ」「アフロディーテ」などが挙げられます。中でもインティマレーザーはダウンタイムが短く、性交渉も約3日後から可能とされています。
同様の治療で高周波による「ビビーブ」がありますが、レーザーによる膣タイトニングでは、専用のアプリケーターを使ってビビーブよりも奥まで照射することができ、より広い範囲にレーザーを届けることができます。膣内部の温度が上がり、コラーゲンの再生が促進されます。

このような方におすすめ

お風呂に入った際お湯が膣内に入って漏れた経験がある方
先述の通り膣のゆるみは自分ではなかなか気がつきにくいものですが、お風呂に入ったときが比較的気がつきやすいです。
尿漏れの経験がある方
加齢とともに起こりやすくなる尿漏れ。膣タイトニングのレーザー治療は、尿漏れの改善にも効果的です。
性交渉の密着度・感度を上げたい方
同じパートナーとの性交渉で感度が下がったと感じたことがある方は膣がゆるんできている可能性があります。また、パートナーから指摘をされて施術を受ける女性も少なくありません。

よくある質問

Q.何回受けるといいですか?
インティマレーザーの場合、1回の施術で効果を感じる人も少なくありません。症状とマシンの種類にもよりますが、1〜3回ほどの施術で効果を感じることができる人がほとんどです。
Q.施術を受けることで痛みや出血はありますか?
施術後に下腹部あたりに多少の違和感を感じる人もいますが、施術時・施術後の痛みや出血はほぼありません。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
日数はマシン・クリニックによりますが、内部に熱を与えるので、数日間(インティマレーザーで3日ほど)腫れることがあります。また、性交渉が可能となるのはダウンタイム明けからとなります。しかし、メスを使用しないため、数日のダウンタイム以外のリスクはほとんどない治療と言えます。
  
ダウンタイム
数日間のダウンタイムがありますが、日常生活に支障はあまりありません。施術翌日からシャワーを浴びることもでき、通常通りの生活が可能です。

膣タイトニングレーザーを受けられる地域

関東

中部

近畿

九州・沖縄