ベイザー脂肪吸引の効果や口コミ情報、費用を調べる

ベイザー脂肪吸引 特殊な超音波〈ベイザー波〉で脂肪を液状化し吸引すると同時に、肌を引き締めるから皮膚がたるみにくい!

ベイザー脂肪吸引

美容クリニックならではの痩身治療の定番「脂肪吸引」。外科手術のため、なんとなく敷居が高いイメージもありましたが、近年ではマシンや吸引に使われる器具、アプローチ法も多様化し、より理想のプロポーションを実現できるようになりました。
その中でも注目されているがベイザー脂肪吸引。ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波と呼ばれる超音波で不要な脂肪細胞のみを剥離し吸引。従来の脂肪吸引に比べ、脂肪除去力がアップし、体へダメージも大幅に軽減。さらに懸念される皮膚のたるみの心配がほとんどないとされる痩身術です。

ベイザー脂肪吸引の特徴

The VASER Lipo®

麻酔と超音波、吸引システムが一体化しているThe VASER Lipo®(ベイザー リポ)。 一般的な脂肪吸引との大きな違いは、ベイザー波という超音波の高周波振動で脂肪を除去しやすくする点。これによりダウンタイムが短くなるというメリットだけでなく、吸引しづらいパーツや固い脂肪層へのアプローチが容易になり、一度で多量の脂肪を吸引することが可能になりました。もちろん、従来の脂肪吸引と同じように、脂肪細胞の数が減るのでリバウンドの心配がないのは同じ。脂肪吸引に挑戦したいけど、ダウンタイムがネックという方におすすめしたい脂肪吸引法です。


ベイザー脂肪吸引施術イメージ1

施術の流れとして、まずカニューレ(吸引管)を挿入するために数ミリ程度切開します。切開した箇所から、止血効果や鎮痛効果のあるチュメセント麻酔液(図1)を吸引箇所に注入します。このチュメセント麻酔液は、生理食塩水とリドカイン(局所麻酔薬)を合わせたものです。次にVASERプローブという特殊な棒を挿入。このVASERプローブからベイザー波と呼ばれる不要な脂肪組織のみを剥がし浮遊させる超音波が照射されます(図2)。この作用により、脂肪組織以外の血管や神経を傷つけることなく脂肪が柔らかい状態になる吸引がスムーズになります。


ベイザー脂肪吸引施術イメージ2

吸引は刃のない専用のカニューレで、ベイザー波の照射によって遊離された脂肪のみを丁寧に吸引します(図3)。ベイザー波の働きにより、血管などの周囲の組織を傷つけることなく吸引ができるので、脂肪が浅い箇所や硬い部分も除去できるようになり、最大で皮下脂肪の90%を除去することが可能。さらに、脂肪だけを取り除いた後の皮膚と筋肉をつなぐ繊維組織はそのままなので自然に収縮し、皮膚がたるむことがなくキレイに仕上がります(図4)。

このような方におすすめ

一度で確実に皮下脂肪を減らしたい方
超音波×吸引の強力タッグで皮下脂肪の90%を除去できるベイザー脂肪吸引なら、一度の手術で満足できたといった声も多数! 蓄積してしまった脂肪を一掃したい方にはおすすめです。
ボディメイク要素を強く求めている方
脂肪がつきにくいパーツや硬い部分も大丈夫なのがベイザー脂肪吸引。背中やふくらはぎ、足首といった部分も吸引ができるので、メリハリのあるボディラインづくりも可能です。
体への負担が心配な方
外科手術ゆえ、どうしても気になるのが体へのダメージ。全くないワケではありませんが、超音波を先に照射し脂肪のみを吸引するため、体へのダメージ減と回復力は通常の脂肪吸引を上回ります。

よくある質問

Q.ふくらはぎのような筋肉が多い部分も受けられますか?
通常の脂肪吸引では適さないとされているふくらはぎもベイザー脂肪吸引なら可能です。もちろん脂肪のつき具合によりますが、脂肪層が薄くても可能です。
Q.ベイザー波を照射することで体に影響はありませんか?
悪影響はありません。長時間、高出力で同じ部位に照射すればあり得ますが、実際のところ手術でそのように使用することはありません。
Q.90%の脂肪がとれるということはギリギリまで取ってもらえますか?
痩せ型の方でも受けられるのがベイザー脂肪吸引の大きな特長のひとつですが、ある程度は脂肪が必要なので薄皮1枚になるまでの吸引はできません。見た目の美しさと健康を維持できるバランスについては、事前のドクターカウンセリングでぜひ相談してください。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
ベイザー脂肪吸引は通常の脂肪吸引に比べて腫れや内出血、痛み、むくみが少なく、人によっては次の日からデスクワーク程度であれば可能です。しかし、ある程度のダウンタイムがあります。処方される痛み止めや腫れを抑える薬はきちんと服用する必要があります。
  
ダウンタイム
痛みは2〜3日程度、腫れや内出血、むくみが出た場合は10日程で落ち着きます。吸引箇所が硬くなる期間は1カ月程度ありますが、日常生活に影響はありません。
  
アフターケア
皮膚の凸凹予防として使用する圧迫サポーターや下着は、できるだけ24時間つけるようにしましょう。一定の力の圧迫は、見た目の美しさだけでなく、腫れやむくみ、痛みの軽減にも繋がります。また、術後1週間くらいからマッサージやストレッチを行うと回復を早めてくれます。これらはすべてクリニックから指導を受けると思いますので、しっかりと説明を受けてください。

ベイザー脂肪吸引を受けられる地域

関東

近畿