スレッドリフトの効果や口コミ情報を調べる

スレッドリフト 切らずに安全性の高い糸を使用して鼻を整える隆鼻術

横顔

キャンディ・キャンディのアニメオープニングは以下のような歌詞の一節があります。「ハナペチャだって だって おきにいり」。しかしハナペチャを気にしないでいいのは、キャンディス・ホワイト・アードレーが過酷な運命に立ち向かう物語の主人公という日の当たる立場だから。現実では、誰もがキャンディのように明るく「ハナペチャだって だって おきにいり」とは言えず、コンプレックスに思っている人も多いはずです。
そんなコンプレックスから鼻を美しく高い鼻にしたいと思っても、メスを入れるのは怖いという気持ちから二の足を踏んでいる人もいるかもしれませんね。そんな方におすすめしたいのが、糸を使った鼻整形で鼻を高くするとともに鼻筋、鼻尖、鼻翼が整えられるスレッドリフトです。

スレッドリフトの特徴

糸

鼻のスレッドリフトは、ノーズスレッドリフトノーズリフトロマンノーズリフトなどと呼ばれます。どれも韓国のKFDA、日本でいうところの厚生労働省の認可を得ている糸、Absorbable Barbed Sutureを挿入して鼻先を引き上げることによって鼻を高くできる施術です。そのため安全性には定評があります。糸にはコグと呼ばれるトゲがついています。このコグが360度回転しながら形成されていることに、糸を入れるだけで鼻を高くすることができる秘密があります。引張力が均一に働くため、組織を引き寄せる効果が高いのです。

使う糸は吸収性の糸で、6~8カ月程度で体内に吸収されます。しかしながらその間に繊維化し、糸がなくなっても牽引力が続きます。また糸という異物を入れることによって、肌細胞でコラーゲン増生を促す反応が起きます。そのため、肌のハリも戻ってくるというおまけつきです。





鼻

施術はまず、針と糸の注入時の痛みを除くために局所麻酔か麻酔クリームを施術部位に塗ります。15分程度で効いてきます。そしてベッドに横になった状態で専用シリンジを使って先端に取り付けられた注射針を鼻先に注入。特別なコグのついた糸を鼻先に入れることで、鼻の先端部の皮膚組織を引き上げます。挿入された糸によって鼻先が前に引っ張られるため、鼻先のラインがすっきりとし、鼻筋が整います。糸の注入時間は5~10分程度です。そのため施術時間はでトータルで20~30分程度になります。入院の必要はありません。

このような方におすすめ

鼻を高くしたいけれど、メスを入れることに抵抗がある方
スレッドリフトは糸と針を用いた方法で切開することは一切ありません。メスを入れないで鼻を高くすることができるのです。
異物を体に残したくない方
この施術で用いる糸は吸収性の糸です。6~8カ月程度で完全に体内に吸収されます。プロテーゼのように体に残ってしまうことはありません。
肌質にお悩みの方
スレッドリフトでは糸で皮膚組織を引き寄せて、鼻を高くしたり整えたりしてデザインします。その際に異物を入れた反応で細胞にはコラーゲンの生成が促されます。すると肌細胞が再生し、肌のハリが戻ってきます。鼻を高くするだけでなく、そういった副産物的な効果もあるのです。
手術やダウンタイムの時間が取れないお忙しい方
施術後すぐに日常生活を送ることができるので、手術やダウンタイムが取れないお忙しい方にはおすすめできます。

よくある質問

Q.施術時の痛みはどれぐらいですか?
局所麻酔か麻酔クリームを使用するため、ほとんどありません。
Q.糸が挿入後に切れることはありませんか?
コグのついた丈夫な糸なので、基本的に切れることはありません。またこの施術に使われる糸はKFDA(韓国食品医薬品安全庁)で最高水準の安全等級4等級の承認を得たものです。安全性は高くなっています。
Q.施術後に鼻をかんでも大丈夫ですか?
術後1週間は鼻に強い刺激を与えることは厳禁ですが、鼻をかむなど日常的な生活の範囲内であれば問題ありません。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
針を使用するため、針を刺した後が数日間残りますが、メイクで隠れるほど小さいので心配には及ばないでしょう。腫れに関しては個人差がありますが、ほとんどありません。
  
ダウンタイム
ほとんどなし。メイク、シャワー、入浴は当日から可能です。

スレッドリフトを受けられる地域