眼瞼下垂修正法の効果や口コミ情報を調べる

眼瞼下垂修正法 慢性的な体の不調となる眼瞼下垂を改善

眼瞼下垂とは

いつも眠そうに見られる」「肩コリや頭痛が酷い」「額に横ジワがある」このような症状がある人は眼瞼下垂(がんけんかすい)かもしれません。また、目を普通に開けているときの黒目がまぶたで隠れがちで視野が狭いのも症状のひとつです。眼瞼下垂の症状は軽度〜重度まで個人差があり、軽度の場合は自身でも気づいていないこともあります。二重まぶたの手術を受けたくて美容クリニックを訪れたら眼瞼下垂と診断されることもあるようです。これらの症状は、まぶたを開閉するための筋肉の働きが弱いことが原因で、眼瞼下垂修正ではその部分を調整する治療が行われます。

眼瞼下垂修正の特徴

眼瞼下垂の症状

通常のまぶたを開閉する働きには、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉が大きく作用しています。眼瞼挙筋は、挙筋腱膜(きょきんけんまく)瞼板(けんばん)という組織につながっており、眼瞼挙筋が収縮することで、まぶたが持ち上げられ視界が開けるようになっています。眼瞼下垂の場合は、挙筋腱膜が緩み眼瞼挙筋の働きが作用しなくなるため、額にある前頭筋(ぜんとうきん)という眉毛を上げる筋肉を使ってまぶたを開けようとします。これが、眼瞼下垂に付随して起こる肩コリや頭痛、おでこのシワの原因となっているのです。


眼瞼下垂修正法の流れ

眼瞼下垂修正法は大きく分けて2つあります。1つ目が、まぶたを切開し、緩んだ挙筋腱膜を瞼板に固定する「切る眼瞼下垂手術」です。中度から重度の眼瞼下垂の方に向いていて、まぶたを切開するので、たるんだまぶたの皮膚切除まぶたの脂肪を取り除くことも同時に可能です。2つ目が、メスを使わずまぶたの裏側から糸を通し、結膜と挙筋腱膜を留め補強する「切らない眼瞼下垂手術(タッキング法)」です。切らない眼瞼下垂手術は、軽度から中度の症状改善が望めます。また、メスを使用しないためダウンタイムが短いというメリットもあります。


保険適応にもなる眼瞼下垂治療

眼瞼下垂修正は健康保険の適用を受けることができますが、美容クリニックの多くは保険適応外(自由診療)なので、まずそのクリニックが健康保険が使える施設かの事前確認が必要です。保険適応のクリニックで診察を受ける場合でも、医師の判断により保険適応と認められないこともあります。また、保険適応の場合は「切る眼瞼下垂手術」しか受けることができず、目が開きやすくなるための機能改善を目的としています。二重の幅や左右差といった見た目の美しさもこだわりたい方や、切らない眼瞼下垂手術を選択したい場合保険適応外の治療がおすすめです。

このような方におすすめ

加齢によりまぶたが下がってきた方
通常のまぶたのたるみ治療では改善できない、加齢により起こる「老化眼瞼下垂」のがあります。切る眼瞼下垂修正をすることで、たるんだ皮膚も症状の改善も可能です。
慢性的な眼精疲労や肩コリ、頭痛に悩まされている方
蓄積された疲労や偏頭痛のせいだと思っていたら、眼瞼下垂だったということも。色々やってみても体の不調が改善しない場合は、一度診断を受けることをおすすめします。
額のシワがなかなか治らない方
額のシワ治療といえばボトックス注射ですが、一定期間の効果しかないため定期的な注入が必要です。眼瞼下垂が原因で起こる額のシワは、眼瞼下垂修正で半永久的に改善できます。

よくある質問

Q.眼瞼下垂かどうか自分で分かる方法はないですか?
目を閉じ、眉を人差し指で押したまま目を開けてみてください。目が開けにくい、おでこに力が入り眉が上がってしまった場合は、眼瞼下垂の可能性があります。
Q.仕上がりも重視したいので自由診療で受けたいですが料金がネックです。諦めるしかありませんか?
保険適応だと5万円程度自由診療だと30〜50万円の費用がかかります。自由診療の場合でも、任意保険の手術給付金の対象となる場合がありますので、事前に自身が加入している保険の契約内容を確認してみてください。
Q.コンタクトレンズを使用していても受けられますか?
できれば術後3日〜1週間は、目の周りを極力清潔に保つために使用を控えるのがベスト。眼鏡で視力矯正をしてください。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
切る眼瞼下垂は、切らない眼瞼下垂に比べ効果を充分に期待でき、半永久的な効果が期待できますが、見た目の変化が大きいため顔の印象が変わることがあります。
切らない眼瞼下垂の場合、糸で留めているだけなので症状が再び現れる可能性があります。また、思ったような効果が得られない場合があります。
  
ダウンタイム
切る眼瞼下垂の場合は、腫れや内出血が1〜2週間続き、その後むくみが完全に落ち着くまで1〜3ヵ月必要です。また、まぶたを切開するので1週間程度で抜糸のために再来院が必要です。メイクやコンタクトレンズの着用は抜糸後におこなうことをおすすめします。傷跡は3〜6カ月程度で自然に皮膚に馴染みます。
切らない眼瞼下垂の場合、まぶたの中に糸を埋没しているので、1週間くらい異物感があります。腫れや内出血、むくみはほとんどなく症状が出た場合も1週間程度で治まります。

眼瞼下垂修正法を受けられる地域

関東

九州・沖縄

眼瞼下垂修正法の口コミ