ヒアルロン酸(プチ整形)の美容効果や口コミ情報を調べる

ヒアルロン酸(プチ整形) 注射1本でお手軽プチ整形! ヒアルロン酸で、気になる顔のパーツを整える

ヒアルロン酸によるプチ整形

あと少しだけ鼻に高さがあったら……、あと少しだけ、唇に厚みがあれば……など、ちょっとした顔のパーツに対する不満がある人も多いことでしょう。
ヒアルロン酸によるプチ整形は適正箇所に注入するだけで、悩みのある部位の微調整をおこない、もっと顔に自信が持てるようにと誕生した美容医療における注入治療です。

ヒアルロン酸は、人体にほぼ負担がない安全性の高いフィラー剤。症例数も多いことから、フィラー(皮膚充填剤)代表として美容医療の中で多くの場面で使用されています。効果は部位や注入量にもよりますが、数ヶ月~数年で吸収されてなくなるため、気軽に試せる治療として人気。手軽な治療ですが、医師の注入技術と治療部位に合ったメーカーのフィラー剤を選定することで効果の仕上がりに差がつきます。

ヒアルロン酸とは

体内で生産されるヒアルロン酸は粘り気のあるリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種。水分保持力が高いヒアルロン酸は水分で構成されている人体にとても大切な役割を果たしていますが、年齢とともに減少していきます。ヒアルロン酸が少なくなると、肌の水分量が低下して乾燥の原因にも。いつまでも若々しくいたい人のために、ヒアルロン酸は美容面でも必要不可欠な成分です。肌の保湿や弾力の維持、シワやたるみの予防などのエイジングケアの他、気になるパーツのボリュームアップなど、美容医療におけるプチ整形にも欠かせない成分として長年愛用されています。

ヒアルロン酸の種類

メーカーや、その中のラインによってヒアルロン酸の種類は様々。部位や、仕上がり状態に合わせて注入するヒアルロン酸の硬さを決めることで、より満足する効果を発揮します。シワや柔らかい部位のボリュームアップの場合は、Q-MED社のヒアルロン酸や、テオシアル社テオシアルリデンシティアラガン社ジュビダーム。鼻などの硬さを必要とする注入には、パシフィック・ファーマ社クレヴィエルと分けることも。勿論、ひとつのメーカー内でも、それぞれ部位に適したヒアルロン酸の粒子の大きさや硬さが用意されています。



アラガン社 ジュビターム

ヒアルロン酸の中でも知名度が高く代表的なのがアラガン社ジュビダームビスタ®。国内初となる厚生労働省の製造販売承認を取得した2タイプのヒアルロン酸皮膚充填材があり、目的に合わせて治療ができます。シワなどをナチュラルに改善へ導くジュビダームビスタ®ウルトラシリーズは、自然な仕上がりが期待でき約1年も持続。アラガン社独自のVYCROSS®技術で開発されたジュビダームビスタ®ボリューマXCは、持続性が高くこめかみや頬などのボリュームアップに適しています。シワの深さや、ボリュームの減少具合に合わせて適した種類が用意されているので、医師に相談の上、理想の顔に近づけることが可能です。

ヒアルロン酸によるプチ整形の特徴

ヒアルロン酸の注入方法について

自然な美人」を目指す方へ。ヒアルロン酸によるプチ整形は、周りに気づかれることなく気になるパーツの微調整が叶う注入治療です。
ヒアルロン酸を注入するだけで、シワや溝などができた部分を補いなめらかな修正ができるため、シワ等を注射1本でプチ修正できる手軽な治療。シワ以外にも、保水効果による肌質改善や、年齢とともに減少した部位のボリュームアップも可能です。各部位別にどんなプチ整形ができるか確認してみましょう。


プチ整形の部位 全顔

ヒアルロン酸によるプチ整形は、部位によって注入の仕方やダウンタイム、費用が異なります。
美容医療初心者の方でも挑戦しやすいのは、涙袋への注入や、眉間のシワの治療。比較的コストがかからず、試しやすい部位です。
そのほか、鼻やアゴ、輪郭などはプチ修正として人気が高い部位。特に鼻は、鼻筋にヒアルロン酸を注入することで簡単に高さを出せることから、密かに人気が高い治療です。
共通してどこのパーツもヒアルロン酸の注入治療は所要時間も短く、気軽にボリュームアップやシワの改善ができ、理想美へと近づけます。


プチ整形の部位 額・眉間

【額や眉間のシワをなめらかにしたい方へ】

表情や加齢によってできる額のシワ眉間のシワ。ここがなめらかにツルッとしていることで若々しく見えます。シワの溝を埋めるだけでなく、丸みのある額を理想とする方におすすめの治療。注入するフィラーの種類にもよりますが、少しやわらかい感触になることもあります。また、表情筋による表情ジワや、眼瞼下垂による額のシワは違う選択肢の方が効果的な場合がありますので、必ず医師の判断に耳を傾けましょう。

プチ整形の部位 目周り

【目の印象を若々しくしたい方へ】

目周りの雰囲気で人に与える印象がガラリと変わります。目周りのヒアルロン酸注入は、優しい女性らしい印象をもたらす涙袋形成やこめかみに注入をすることで、ハリ感が出てぱっちりとした目元にすることが可能。そのほか、目尻の小ジワを改善するなど様々な治療があります。上にも書きましたが、手軽で効果を実感しやすいことから美容医療初心者も受けやすい治療部位です。

プチ整形の部位 鼻

【鼻筋をスッとさせたい方へ】

手術までして整えたくないけど、あと少しだけ鼻を整えたい方におすすめの治療法です。
目元や口唇、シワの治療として認知が高いヒアルロン酸注入法。しかし、ヒアルロン酸による隆鼻術は、施術例が多数あり密かなニーズが高い部位になります。数分で鼻を高くして美しい鼻筋へと修正。鼻の高さが出ることで、顔にメリハリがついて美人度が上がると評判で、比較的安価なことから人気があります。

プチ整形の部位 頬

【頬をふっくらとさせたい方へ】

赤ちゃんのほっぺたは、弾力がありふっくらと可愛らしい印象を与えます。頬にヒアルロン酸を注入する治療は、急激なダイエット効果や年齢とともに頬がこけたことで、実年齢より老けて見られたり、不健康な印象を与えがちの方へおすすめの注入部位になります。ボリュームアップをするだけでなく、ヒアルロン酸は保水力が高い成分ですので、みずみずしさも加わり潤い美肌効果も期待できます。

プチ整形の部位 口周り

【口唇をセクシーな印象にしたい方へ】

口唇にボリュームがなくメイクが楽しくなかったり、石原さとみさんのようなふっくらリップで女性らしさや色っぽさがほしい方におすすめの治療部位。口唇をボリュームアップさせることでセクシーな印象を与え、流行りの口唇へ導きます。また、保湿力が高い成分なので、注入することで乾燥しがちな口唇が潤いリップに。口周りの法令線や、マリオネットラインにも効果的です。

プチ整形の部位 アゴ

【シャープな顎にして小顔に見せたい方へ】

シワの改善やボリュームアップだけではなく、小顔に見せる効果もあるヒアルロン酸注入法。顎先にヒアルロン酸を注入することで、顎先を尖らせてシャープなフェイスラインにできます。顎を尖らせることで顔のバランスを整えて、美人の基準ともなる“エステティックライン”を作ることが可能です。メスを入れなくてもキレイなフェイスラインが叶う人気治療です。

施術の流れ

【施術の流れ】

ヒアルロン酸を用いたプチ整形は注射1本でお手軽にできるため、メイク感覚で楽しむ人も増えてきています。施術部位にもよりますが施術時間は短く、だいたい10~15分ほど。施術前に麻酔クリームを塗布します。クリニックや製剤によっては、ヒアルロン酸にリドカイン(麻酔)入りのものも。治療後すぐにメイクもできますが、注入箇所は強くこすらないように気をつけましょう。

このような方におすすめ

少しだけ顔のパーツを整えたい方
微調整をしたい、周りの人にバレずに治療したい方におすすめの治療です。クリニックにもよりますが、少量からの注入も可能なので、ナチュラルに修正することが可能です。
手術をしたくない方
手術をすることなく、注射器1本でコンプレックスを解消。所要時間も短く、希望を叶えます。
コストを抑えた治療したい方
手術や、マシンよりもコストはかなり割安。メーカーや注入量によって価格が変わってくるので、事前に確認をしてから治療をしましょう。
結果を短時間で実感したい方
ヒアルロン酸を皮膚に注入することで、シワ、ほうれい線、部位のボリュームアップ、隆鼻、輪郭などの修正を、ダウンタイムが短く短時間で結果を実感できます。

よくある質問

Q.痛みはどれぐらいですか?
個人差はありますが、注射器による注入治療ですのでチクリと痛みを感じる程度です。また、ヒアルロン酸のメーカーや、粒子の大きさによっても痛みは異なります。痛みの弱い方は無理をせず、クリニック側が用意している麻酔を使用しましょう。
Q.同じ部位に注入するためにはどれくらいの期間をあければいいですか?
注入による効果は数ヶ月から数年。同じ部位に注入を希望の場合は何日という指定はなく、希望をドクターに相談したうえで様子をみながら次の注入を決めましょう。
Q.失敗してしまった場合の対処法は?
ヒアルロン酸注入で失敗してしまった場合は、ヒアルロニダーゼを注射することでヒアルロン酸を分解させて吸収を促します。その後またヒアルロン酸を注入したい場合は、数日あけてから治療の相談をしましょう。
Q.違うメーカーのヒアルロン酸を同じ部位に注入しても大丈夫ですか?
他院で治療した際と違うメーカーのヒアルロン酸を注入しても特別問題はないようです。しかし、状況や、経過をしっかりと医師に伝えるか伝えないかによって次の治療結果に関わることもあります。また、注入しすぎで医師に注意された場合は、素直に気をつけましょう。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
アレルギーや、痛み、赤み、腫れはほぼないとされています。
  
ダウンタイム
ダウンタイムほぼなし。直後からお化粧もOKです。

ヒアルロン酸(プチ整形)を受けられる地域

関東

九州・沖縄

ヒアルロン酸(プチ整形)の口コミ