アクアフィリングの口コミ、モニター情報を調べる

アクアフィリング 自然なバストの美しさをつくるバストアップ術

アクアフィリングイメージ

バストをもう少しだけ大きくしたいけど、自分でマッサージや筋トレをしてみても限界が。サプリメントや胸にいいとされる食品を摂取しても目に見える効果は微々たるものだったりします。
アクアフィリングは安全性が高く、数ccから注入できる豊胸治療の一つです。

安全面や、持続期間、仕上がりなどに定評があることから注目度が上昇中。
いかにも豊胸をしました、といわんばかりの主張はなく自然な美乳を形成します。 持続期間もバスト治療のフィラーの中でも長く、5~8年は持つとされる優れもの。98%水でできており、のこり2%はポリアミドで構成される、人体にほぼ害のない豊胸術になります。

アクアフィリングの特徴

バスト

あの人のボディラインは自然体なのにいつまでも若々しい」と言われたい方へ。アクアフィリング(AQUAfilling)あくまでも自然体にというキーワードを求める方におすすめな豊胸術です。
メリハリがありすぎて不自然なバストやヒップラインは魅力的ですが、いかにも整形しましたといわんばかりで一時期より人気は下火へ。やり過ぎないほどよい大きさと、触り心地もナチュラルなバストが好まれる時代になりました。



アクアフィリングの製剤

アクアフィリングは、手術をせずに、注射器でフィラーを注入してバストアップをする豊胸治療です。
98%の水と2%のポリアミドで構成されており3~5年かけてゆっくりと体に吸収や排出されます。 もとに戻したい場合は生理食塩水を加えることで分解し、取り出すことが可能。





アクアフィリングとは

今注目のアクアフィリングは欧州で開発されたヨーロッパのCE認可・KFDA(韓国の厚生労働省)の認可取得製品。持続性や安全性の面では、2004年から7年間臨床研究されており、安全な豊胸注入剤と広く認識されています。
治療は、メスを使わない注射による注入術。豊胸に使用するフィラーだとヒアルロン酸や幹細胞がありますが、仕上がりが美しく、ふっくらとした自然な感触をもたらすことから、ドクターの中でも人気が高まっている治療法です。
製品の証明書とID検査も徹底しており、美しさと安全性を兼ね備えた豊胸術となっています。数ccから注入も可能なため、焦らず、希望のバストへと導くことが可能。
また、他の豊胸術と比べるとダウンタイムもほぼなく、その日の内にシャワーも大丈夫としているクリニックが多いです。クリニックによってアフターケアのススメは違いますので、医師にお判断にそって行動をしましょう。

このような方におすすめ

バストの大きさで悩んでいる方
大幅なバストアップや、病気などで乳房を切除した場合はシリコン・インプラント法が適していますが、それ以外の1カップ〜2カップくらい大きくしたいと悩んでいる方へ最適な治療法です。
手軽さを求める方
加齢やダイエットの繰り返しでバストのハリが損なわれたるみや、ボリュームダウンしてしまったバストを手軽な治療でもとに戻したい!と願う方におすすめ。治療の時間はだいたい1時間程度で終わり、他の豊胸術と比べてもダウンタイムが少ないため、仕事を休む事なく治療が可能で通院の必要も特にはありません。
自然な仕上がりで周囲に秘密にしたい方
本物のバストのように柔らかく自然なふくらみを希望される方は、脂肪注入によるバストアップ方もありますが、もともとヤセ型の方は脂肪を吸引しづらいというデメリットがあります。その点、アクアフィリングはフィラー剤なので、気軽に注入できます。ヒアルロン酸もありますが、バストの注入に使用するヒアルロン酸は、粒子が大きめなことから少し硬さがでます。アクアフィリングは自然な柔らかさと、手術をしなくても大丈夫な治療法により周囲にバレずにナチュラルなバストアップを叶えてくれます。
安全性が高くきちんとした製品を求める方
水分とポリアミドで構成されるアクアフィリングは、この2つの成分が注入後は水素結合がゆっくりと分解され徐々に体に吸収されます。残るポリアミドも免疫細胞によって処理されます。3年間に渡る臨床研究でも安全性が確認されている豊胸フィラー剤になります。安全な薬剤ですが、注入する際の技術力も関わってきます。アクアフィリングの特性について詳しいドクター選びはしっかりとして、治療を受けましょう。

よくある質問

Q.痛みはどれぐらいですか?
ご希望で麻酔の種類も選べます。クリニックよって方針も違うようですので痛みの弱い方は先に調べる、もしくはドクタ−に必ず相談しましょう。だいたい局所麻酔は必須、ほかに静脈麻酔や吸入麻酔併用する場合があります。
Q.どれくらいまでサイズアップできますか?
上にも書きましたが、だいたい2カップくらいのサイズアップを希望の方に適している治療法です。成分がほぼ水でできているため、それ以上のバストアップを求める方は、胸自体を底上げするシリコン・インプラント法が適しています。
Q.乳がん検診は大丈夫?
治療後の乳がん検診は、マンモグラフィーはできませんが、エコーやMRIによる検査は可能です。検査を妨げることはないのでご安心を。心配な場合は、事前にドクターに相談をしましょう。 検査ではありませんが、授乳を心配される方もいますが、妊娠中の女性と授乳婦に影響がないことが確認されています。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
術後、絆創膏で保護。当日はシャワーはできますが、患部は濡らさないようにしましょう。 赤みや腫れがでますがおおよそ2週間で治まります。
  
ダウンタイム
ダウンタイムは筋肉痛のような痛みは感じる方が多いようです。 ただ、他の豊胸術と比べると短めで日常生活が過ごせます。

アクアフィリングを受けられる地域

関東

九州・沖縄

アクアフィリングの口コミ