リファームの効果や口コミ情報を調べる

リファーム 赤外線と高周波で真皮層から即効引き締め

リファーム

リファームとは、赤外線と高周波の相乗効果を活用した「切らないリフトアップ治療」として人気の美容医療機器です。
肌内部にある真皮層まで熱エネルギーを届けることで、熱刺激による即時の肌の引き締め効果とコラーゲンやエラスチンの増生に伴う長期的な肌のハリ感のアップが期待できます。
数ある他のレーザー治療と比較して施術中の痛みや施術後のダウンタイムがほとんどないことも、リファームが「切らないリフトアップ治療」として人気がある理由です。
「画像はシネロン社のリファーム最上位機種emax」

リファームの特徴

リファームメカニズム画像

リファームが採用する、機器から伸びたヘッド部分に電極を2つ持ちその電極間に高周波を発生させる「バイポーラ方式」には、安全性は高いものの電極間にかかる電圧が低いため、そのままでは発生させた高周波を肌深部へ届けることが難しいという欠点がありました。
そこで、リファームでは「ダメージを与えることなく真皮層にまで熱を伝えることができる」という特性のある赤外線と「暖かい方に伝わりやすい」という性質を持つ高周波を同時に照射することで、熱エネルギーを肌深部にある真皮層へ効率良く届けることができるようになりました。
肌内部の真皮層に熱エネルギーが達すると、熱変性があるタンパク質の一種のコラーゲン繊維が収縮するため、すぐに肌の引き締め効果を実感することができます。なお、このとき肌のハリや弾力を保つ役割をもつコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す線維芽細胞も同時に活性化するため、即効性こそないものの、大量のコラーゲンが生成され、長期的な肌のハリや弾力の改善効果も期待できます。

笑顔女性イメージ

リファームは他のレーザー治療と比べてマイルドな治療なため、目のキワや唇などの皮膚が薄くてレーザー治療が受けられない部分でも安心して受けることができます。
老け顔に見られがちな目の横にできるちりめんジワのような細かいシワも、肌の奥から改善すること可能です。





施術イメージ画像

施術を受けるクリニックによって多少の差はありますが、だいたい以下のような流れで行われます。
まずは医師によるカウンセリングを受け、照射を行っても問題がないか、リファームで希望の効果を実現できるかを判断します。問題がなければ、メイク落とし、洗顔の後に施術に入ります。
このとき、目を保護するためのゴーグルをつけ、火傷防止のための冷却ジェルを塗ります。準備が整ったらリファームの施術を行います。照射時間はだいたい30分程度で終了します。
施術後は、すぐにメイクをして帰宅することができますが、直後の肌は敏感になっていて乾燥しやすいため、保湿紫外線対策はしっかりと行うことをおすすめします。

このような方におすすめ

たるみが気になる方、小顔になりたい方に
たるみが解消すると顔全体が引き締まって見え、小顔になります。
また、肌のたるみによる毛穴も改善することができるなど、嬉しい効果が満載です。

よくある質問

Q.痛くはないですか?
他のレーザー治療と比べてもマイルドな施術のため、痛みを感じることはほとんどありません。
Q.1回で効果はでますか?
肌の引き締め効果に関しては即効性があり1回でも効果を実感することができます。
ただし、その効果はあくまで一時的なものとなりますので、持続させるには2~4週間ごとに3~5回ほどの間隔で施術を受けることをおすすめします。

リスク・副作用・ダウンタイム

  
リスク・副作用
他のレーザー治療と比べて安全性が高いとはいえ、皮膚に熱を加える施術であるため、肌が弱い場合など、まれに火傷や水泡などが生じる場合があります。
もしも施術しているときに強い痛みや熱さを感じた場合にはすぐに医師にお伝えください。施術を中止してアフターケアをしてくれるはずです。
  
ダウンタイム
日常生活に支障をきたすようなダウンタイムはありません。施術後、肌に赤みが残ったりピリピリ感じることがある場合もありますがすぐに消失しますので特に心配はいりません。
気になるようでしたら、クリニックによっては軟膏やクリームなどを処方してくれることもあります。なお、施術後の肌は乾燥しやすくなっていますので、保湿や紫外線対策をお忘れなく。

リファームを受けられる地域

関東

九州・沖縄