プレミアム得割一覧|東京都

プレミアム得割は、美容クリニックのオフィシャルホームページや他のポータルサイトには掲載されていないアリュクスだけの特別価格です。

施術一覧からプレミアム得割を探す

高周波・超音波

皮膚深層にアプローチし、切らずに肌のシワやたるみをケア

シワ・たるみに効く高周波・超音波治療は、痛み、ダウンタイムが少ないのがメリットです。
おもに額や目尻、頬、首のたるみや、しわ、二重顎、毛穴の開きなどに効果を期待できるテノール、表在性筋膜層に直接高密度の超音波を当て、皮膚より深い筋肉の層を持ち上げるダブロ、表在性筋膜層に高周波をピンポイントで照射し、熱刺激で筋膜を引き締めるイークリップ、25本の極細針を刺し、真皮層に高周波を照射して引き締めるスカーレットRF、表在性筋膜層にピンポイントで熱刺激を与えるウルトラリフト(EVO)、表皮から真皮までハイブリッド治療を行えるINFINIがあります。

注射

切らない、腫れにくい、皮膚の内側からシワ・たるみを改善

シワ・たるみに効果のある注射は、ダウンタイムがほぼないのがメリットで、おもにヒアルロン酸、ボトックス、その他が挙げられます。
ヒアルロン酸は、人が生来持っている保湿、弾力成分です。注入して皮膚にふくらみを持たせることで、シワを隆起させ、シワを改善します。
ボツリヌストキシン注射は、A型ボツリヌス菌製剤の総称です。眉間や額などの表情ジワの改善をはじめ、目尻や下顎、エラなどのシワ、たるみ改善にも効果が期待できます。
その他には、半永久的に効果が持続するアクアミド・ジェル、自身から採取した血小板を注入し、コラーゲンや毛細血管の生成を活性化するPRP血小板療法などがあります。

IPL治療

肌に優しい可視光を照射して肌を活性化

IPL治療とは、医療機関でしか受けられない光源治療で、肌に優しいIPL(インテルス・パルス・ライト)という特殊な光を顔全体に照射する治療法です。正常な組織を傷つけることなく、トラブルを起こしている場所だけ重点的に治療できるのがメリットです。
シミ・くすみ・肝斑に効果的なおもなフォトフェイシャルは、不要なメラニンにダメージを与えて肌を明るくするフォトフェイシャル、7種類の光の波長域を扱うフォトフェイシャルファースト、フォトフェイシャルとRF波を組み合わせたフォトRF、より日本人向けに改良されたライムライトです。

レーザー治療

シミやくすみをピンポイントにケア

シミ・くすみ・肝斑のおもなレーザー治療のメリットは、ピンポイントに治療できることです。
おもなものは、肝斑以外のシミや、あざなどのオーソドックスな治療方法のQレーザー、肝斑治療に特化したレーザートーニング、ピンポイント照射でメラニン色素を破壊するアキュチップ、肌を新しく入れ替えさせるフラクセル、レーザーと光療法、高周波を組み合わせたeマックス、点状照射によって肌への負担を軽減するフラクショナル、2種の波長レーザーでメラニンに反応してシミやあざ、ニキビに効果的なスペクトラがあります。

ピーリング

表皮の古い角質層、小ジワ、ニキビを改善

肌表皮の古い角質層を取り除く方法です。肌のターンオーバーを促して、小ジワやニキビなどの肌トラブルを改善させていきます。また、ニキビ跡にも効果があるとされています。しかし、クレーターになってしまった跡は効果が得られないのがデメリットです。

脱毛

クリニックでの施術でしっかりとした脱毛効果を

医師が行うレーザー脱毛です。クリニックでの施術のため、永久脱毛が期待できます。
施術できる部位は以下のものに分かれています。
両ワキ背中うなじVIO(デリケートゾーン)全身、以上に含まれないその他部位です。

二重まぶた

ぱっちり大きな二重の目に

手術で理想の二重まぶたを作っていきます。二重手術の方法は大きく分けて埋没法と切開法があります。
埋没法は、まぶたの皮膚とその裏にある瞼板という軟骨や挙筋という筋肉を医療用の糸で結んで留め、二重ラインを作ります。いわゆる「プチ整形」といわれる施術法で気軽にトライしやすい反面、糸が切れる、緩むことが原因で元に戻る可能性のある施術法です。
切開法は、上まぶたを全切開または一部を切開して余分な脂肪筋肉を除去して縫合し、二重ラインを作ります。メスを使用する施術法なので1~2週間のダウンタイムがあります。しかしながら、元に戻るリスクが極めて少ない施術法です。

フィラー(注入剤)

メスを使わず気になるパーツを整えます

気になる部位に注射を打つだけ。ランチタイムのような短時間かつ軽いダウンタイムで、「なりたい顔」をめざせるとして近年人気の高まっている治療法です。
人間が生来持つ保湿弾力成分を注射で気になる部位に注入して、メスを使わずに鼻や唇、あごなど顔のパーツ整形を行います。
最もメジャーなフィラーはヒアルロン酸。体内に2~3年かけて吸収されるため、見た目の持続期間は1年程度です。 治療実績が最も多いレスチレン、麻酔成分配合で注入時の痛みを和らげるジュビダーム、従来のものより効果長持ちのテオシアル、炎症が出にくいエセリス、世界初ダブルクロスリンクテクノロジーを採用したピュラジェン、アレルギー反応が起きにくいサージダームなどです。
また、最近はよりアレルギー反応の出にくいコラーゲン系のフィラーも研究が進んできています。

脂肪溶解注射(フェイスライン・小顔)

切らずに脂肪を分解してフェイスラインを整えます

脂肪を溶かす薬剤を注入し、下ぶくれや二重あごを解消し、フェイスラインを整えます。脂肪吸引のような外科手術をしないでパーツ痩せをしたい人にオススメです。
主成分のフォスファチジルコリンが脂肪を分解。リンパ液の流れをスムーズにして、溶解した脂肪を自然に体外に排出します。
施術時間は5分ほど。2週間おきに数回の施術が効果的です。施術後、1~2ヶ月かけて、徐々に効果が出始めるのが特徴です。ダウンタイムはほとんどないのもメリットです。

フェイスリフト

たるんだ皮膚を引き上げて若々しい印象に

フェイスリフトは切る方法、糸で引き上げる方法に大別できます。
切る方法として、表情性筋膜を引き上げるSMAS法、耳の付け根の余分な皮膚を切除するミニリフト冠状切開法内視鏡法生え際切開法などがある前額リフト、顔全体から首までのたるみを引き上げるトータルリフト、ミニリフトとスレッドリフトを組み合わせたシークレットリフト。半永久的な効果がメリットです。
糸で引き上げる方法として、脂肪を糸で引き上げて固定するケーブルスチャー法、針を使って皮下組織を引き上げるシルエットリフト、溶けない糸を使うミラクルリフトです。傷跡が小さいのがメリットです。

スレッドリフト(エイジングケア)

大きな傷を残さずにをたるみを糸で持ち上げます

スレッドリフトは、フェイスリフトのような外科手術でなく、特殊な医療用の糸を皮下組織に挿入して糸のひっかかり反発力でたるみを持ち上げます。
おもなものとして以下が挙げられます。
吸収される糸の3Dリフト、折り返しのついた棘状の糸のミラクルリフト、糸のように細い純金を埋め込む金の糸リフト、広範囲に他対応できるスプリングスレッド、羽のような形状のワプトス糸フェザーリフト、アプトス糸のアプトス、吸収される羽のような形状の糸のハッピーリフト、アプトス糸をアレンジしたワプトス、特殊加工された糸のエクストーシス、持続性の高い吸収される糸のミントリフトです。

脂肪吸引

自分では対処できなくなった脂肪におすすめ

脂肪吸引にはさまざまな方法があり、特に脂肪細胞を破壊する方法に種類があります。
ウェット・メソッドでは、生理食塩水、血管収縮剤、麻酔薬などを配合した薬剤を使用します。これをカニューレの先から脂肪層内に注入し、脂肪細胞をやわらかくします。そして、カニューレを挿入して吸引していきます。
ベイザー脂肪吸引は、ベイザー波という特殊な超音波をカニューレから照射し、脂肪細胞を液状に溶かしてから吸引する施術法です。
レーザー超音波を使った方法は、体内または体外から照射して熱などの作用で脂肪細胞を破壊します。