美容クリニックをもっと身近に 口コミからモニター募集まで美容医療のことなら「alluxeWEB アリュクスウェブ」

Betomo 美容愛でつながるコミュニティチャンネル Betomo 美容愛でつながるコミュニティチャンネル

BeTomo OFFICIAL USER

  • 0
    編集シュガリン
    ぱっちり目力がある魅力的な二重まぶたになりたいと思う人、二重整形を考える人は多いですね。低予算・短時間で受けられると人気のプチ整形「埋没法」を、受ける前に知っておくべきことについてご紹介します。 詳しくはこちらをどうぞ
  • 0
    まりまり
    ululis(ウルリス)、これ素敵すぎません?? お店で見つけたら絶対買う〜💖 今日4/28日から販売開始だって!!
  • 0
    まりまり
    ナチュラグラッセのオールインワンクリーム、5月24日発売なんだって💖 バニラの香りとシトラスグリーンの香り、フローラルの香り、迷う〜。
  • 0
    編集シュガリン
    まぶたや目の周りの白い小さなブツブツ。一つ一つはとても小さくても、気になると取りたくなる! これって何? どうしたら治るのか、調べてみました。 詳しくはこちらをどうぞ
  • 0
    まりまり
    ルミアグラスの新色「ルージュバーガンディ」いいな〜。 「ルージュのまなざしを、 瞳でささやいて。」ってコピー最高。
  • 0
    まりまり
    最強ヘアアイテム発見。 &NINEからサロン帰りの美髪になれるシャンプーPurunt.(プルント)がでてる。 パッケージもきれいでアガるね~💞
  • 0
    編集シュガリン
    かわいらしく見えるとブームにもなった「涙袋」。ホルモンタンクともいわれ、メイクで作るのも流行しましたね。その一方、目の下のたるみ「目袋」は老けて見えるもの。一見同じように見える「目袋」と「涙袋」、どこが違うのでしょうか。 詳しくはこちらをどうぞ
  • 0
    まりまり
    そろそろ暑くなるから欲しい。 ニベアのデオプロテクト&ケア スプレー、 サボンの香りもいいけど、フローラルの香りもいいね。
  • 2
    編集シュガリン
    シミをQスイッチルビーレーザーなどで治療した時、一度ピンク色のキレイな肌になってから、シミのような色がまた現れることが。ここで「シミが復活した!」と美容クリニックに駆け込む人もいるそうですが、安心して。これはほとんどの人におこる現象「色素沈着(戻りシミ)」なんです。この状態になった時の対処法をご紹介。 【戻りシミはなぜ起こるの❓】 レーザーでシミを無くす治療というのは、人工的にヤケドの状態を作るようなもの。例えば蚊に刺された時のことを思い出してみて。かゆくてかき崩してしまったところは痕が残ります。でもしばらくするとだんだん目立たなくなりますね。これと同じ状態がレーザーのシミ治療でも起こるのです。 レーザー治療後、かさぶたが出来てから約1週間後、自然とはがれ落ちて下から新しい肌が出てきます。このままきれいな肌が続けばいいんですが、2週間程たって少しくすんだ色になることが。これがいわゆる「戻りシミ」、正式には「炎症後色素沈着」といいます。徐々に薄くなって、半年くらいで消えていきます。 【戻りシミを防ぐためにはどうしたら❓】 シミの色素沈着を防ぐためにはきちんとしたアフターケアがマストです。そうすれば、1回でシミを確実にやっつけることができますよ。 1.患部の刺激を避ける レーザー照射した箇所は触ったりこすったりすると色素沈着の原因になってしまいます。かさぶたは自然にはがれるまでそっとしておくことが重要。ほとんどのクリニックでは目立たないシールを処方されます。シールの上から軟膏を塗ったりメイクをすることが可能です。 2.外用薬を使用する シールをはがした後、色素沈着を防ぐために低濃度のハイドロキノンとトレチノインを使用します。こすらず、やさしく乗せるように塗布しましょう。シミが再発しないようにするには、6カ月は外用薬を使うのがベストです。 3.基本的なスキンケアの徹底 紫外線を防ぐためのUVケアはもちろん、保湿を心がけるなど、いつも以上にしっかり一般的なスキンケアを徹底すること! また、良くなってきたからと素人判断で治療をやめるのは禁物。 月に一度、定期的にクリニックへ行ってドクターに診てもうのがおすすめです。がんばってシミの無い美肌を手に入れましょうね!
  • 1
    編集シュガリン
    レーザーといえば「シミ取り」や「脱毛」が一般的になっていますが、「レーザー〇〇」というのが多すぎてよくわからない!という人も多いのでは? そんな人のために、痛みやダウンタイムがほとんどないと注目の「レーザーフェイシャル」と「レーザートーニング」の特長や違いについて解説します。 【レーザーフェイシャルとは】 キャンデラ社の低出力のロングパルスアレキサンドライトレーザー装置「Gentle LASE(ジェントルレーズ)」を使用する施術のこと。 波長755nm(ナノメートル)のアレキサンドライトレーザーを顔全体に照射すると、メラニン色素に反応して表皮の淡いシミやそばかす等を除去、真皮(皮膚の深い部分)のコラーゲンに働きかけ、肌を活性化。ハリを復活させてシワや頬のたるみを改善します。毛穴の引き締めとニキビの減少効果も期待できます。 毛根に含まれるメラニン色素に反応して脱毛効果を得ることができるので、うぶ毛の脱毛効果があり、顔脱毛にも使用されます。 ❓ダウンタイムやリスク、効果を感じる回数は❓ レーザー照射直前に冷却ガスが出て照射部位を冷やすので、痛みが軽減されるのが特長。ダウンタイムはほとんどなく、シミ・ソバカスがごく薄いかさぶたとなってやや黒くなる程度です。2週間から1ヶ月に1回の割合で5~6回の照射で効果を実感することが可能です。 【レーザートーニングとは】 波長1064nm(ナノメートル)のQスイッチヤグレーザーを連続照射していく施術のこと。Qスイッチは、レーザーの照射時間が「1回あたりn(ナノ)秒」と非常に短いのが特徴です。 これまで、「肝斑の治療にはレーザーはNG、悪化させてしまうこともある」と言われてきました。 しかし、レーザートーニングは弱い出力で均一に幅広くレーザーを照射することにより、肌の色ムラや肝斑の治療が可能になりました。 レーザートーニングにはルートロニック社のスペクトラや、サイノシュア社のメドライトC6、その上位機種のレブライトSIなどが使用されます。 ❓ダウンタイムやリスク、効果を感じる回数は❓ ダウンタイムやダメージはほとんどなく、終了後すぐにメイクが可能です。出力が弱いため回数を重ねた治療が必要です。個人差がありますが、肝斑の場合、1〜2週間に1回を目安に5~10回程度の施術が効果的です。 【どの治療法を選択するかはドクターの診断を受けてから】 年を重ねると、シミの他にくすみや肝斑、毛穴、黒ずみなどさまざまな肌トラブルが同時に出てくるもの。これが本当にシミなのかの判断をするのは困難です。また、肝斑にシミ取りレーザーを照射すると悪化するように、どんなレーザー治療が最適なのかは症状によって違います。自身の肌の状態を知るためにも、まず専門医の診療を受けることが大切です。
12次ページ