美容クリニック|古河・筑西

古河・筑西の美容クリニック

古河・筑西の美容クリニックのチケット情報を掲載!

万葉集に記された「許我」が、その地名の由来と言われている古河市。渡良瀬川の流域にある川戸台遺跡は、平安時代に一大製鉄所として栄えていたことが近年になって分かりました。そして、古河を語る上で外せないのが鷹見泉石です。1785年に古河城の近くで生まれ、目付や番頭格などを経て古河城の藩主である土井氏の元でメキメキとその頭角を現し、家老として活躍しました。現在、古河市の正麟寺にある泉石の墓は国宝に指定されています。明治以降は東北本線・古河駅が開業したことで東京へのアクセスも容易になり、古河はベッドタウンとしての機能も果たし始めました。また、お隣の栃木県・足尾銅山で鉄鋼業を展開していた古河財閥の影響からか、県外の人からは古河(こが)ではなく古河(ふるかわ)と勘違いされることも多いようです。古河・筑西の美容外科は、わずかに皮膚科から派生したクリニックが散見されるのみのため、多くは古河から出て埼玉や都内まで通う人が多いようです。古河から比較的アクセスが良いのは大宮や浦和周辺で、この辺りまで来ると本格的な治療が受けられるはずです。クーポンも充実しているので、古河エリアに住む方は、是非こちらもチェックしてみて。