二重まぶた・目元|美容クリニックの施術|大分県

二重まぶた・目元

二重まぶた

ぱっちり大きな二重の目に

手術で理想の二重まぶたを作っていきます。二重手術の方法は大きく分けて埋没法と切開法があります。
埋没法は、まぶたの皮膚とその裏にある瞼板という軟骨や挙筋という筋肉を医療用の糸で結んで留め、二重ラインを作ります。いわゆる「プチ整形」といわれる施術法で気軽にトライしやすい反面、糸が切れる、緩むことが原因で元に戻る可能性のある施術法です。
切開法は、上まぶたを全切開または一部を切開して余分な脂肪筋肉を除去して縫合し、二重ラインを作ります。メスを使用する施術法なので1~2週間のダウンタイムがあります。しかしながら、元に戻るリスクが極めて少ない施術法です。

目元形成

目元の印象を変えてなりたい自分へ

目元の悩みを改善します。おもな治療は、目頭切開、目尻切開、ヒアルロン酸注入、ボトックス注入です。 ぱっちりした大きな目を作りたいなら、目頭切開。切れ長の大きな目を作りたいなら、目尻切開が適しています。
どちらもダウンタイムは1週間程度です。
また、ふっくらした涙袋を形成し、優しい印象を与えたいなら、ヒアルロン酸注入。筋肉の働きを抑えて癒し系の垂れ目を作りたいなら、ボトックス注入が適しています。ヒアルロン酸は1年程度、ボトックスは半年程度見た目を維持します。

たるみとり

目の周りのたるみを改善して若々しい印象に

たるみを改善する方法はおもに3種類あります。たるんだ皮膚を切除し、引き上げる方法、メスを使わずに医療用の糸で引き上げる方法、脂肪を注入する方法です。
たるんだ皮膚を切除し、引き上げる方法にはフェイスリフト手術が挙げられます。皮膚と表在性筋膜層を引っ張り上げるため、広範囲のたるみとシワ、ほうれい線に有効です。
糸を使った方法は溶ける糸と溶けない糸が選べるシルエットリフト、表情の変化に自然に対応するスプリングスレッドリフトFDA認可のミラクルリフトがあります。
脂肪注入は、肌のハリを保つための皮下脂肪を注入によって補い、加齢による肌のたるみを改善します。

眼瞼下垂

まぶたを持ち上げて健康的で明るい目の印象に

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたの筋肉が垂れさがり、目が開きにくくなる見えづらくなる状態をいいます。先天性と後天性があり、後天性はおもに加齢による筋力低下が原因です。
手術には切開法と切らない方法がありますが、切開法が一般的です。
なお、保険が適応でできる場合があるので、治療を受ける際には医療機関で確認すると良いでしょう。