薄毛治療|美容クリニックの施術|大分県

薄毛治療

育毛メソセラピー

毛根直下の頭皮に注射器で育毛成分を直接注入

毛根直下の頭皮に注射器などを用いて直接、薬剤を体内に注入し、毛乳頭毛包を細胞レベルで活性化する薄毛治療法です。
ミノキシジルフィナステリドVEGFIGF-1といった成長因子や複合ビタミンなど、育毛に有効な成分を薬剤として用います。短期間に効果を実感したい、植毛には抵抗があるという人に向いています。内服薬療法と併用するとより効果的とされています。
2週間から1カ月に1回の間隔で継続的に治療を行うと効果的です。

内服薬

抜け毛予防・改善の2種の薬を医師が処方

医師が処方します。おもに2種類あり、抜け毛を改善して発毛を促進するものと抜け毛を予防する薬があります。

外用薬

薄毛の頭皮に塗れる薬を医師が処方

医師が処方します。頭皮の薄毛が気になる部分に塗って使います。

自毛植毛

薄い部分に自身の毛包組織を移植して薄毛を改善

自身の後頭部や側頭部から毛包組織(毛髪)を採取し、薄くなった部分に外科的に移植して薄毛を改善する方法です。自身の細胞を移植するため、頭皮に悪影響を与えにくいのが大きなメリットです。移植された毛髪はしっかりと生えてくるまでに8~10か月程度かかりますが、生え揃ってしまえば正常な毛髪サイクルを繰り返して成長するため、メンテナンスなどのランニングコストがあまりかからないのも特徴です。
施術には局部麻酔を使用し、約2週間で抜糸。洗髪は2週間後から可能になります。