タトゥー除去|美容クリニックの施術|大分県

タトゥー除去

切除法

皮膚を切り取り縫い合わせてタトゥーを消します

タトゥーの入った箇所の皮膚を切除し、周辺の皮膚を寄せて縫い合わせるタトゥー除去法です。皮膚の伸びやすい部位、範囲の小さなタトゥーの除去に適しており、大きなものは分割して切除する方法を用いることになります。縫合の傷跡が残っても短期間でタトゥーを除去したい人に向いています。
施術時間はタトゥーの大きさにもよりますが30分以上かかります。局所麻酔を使用するのが一般的です。抜糸まで1~1週間かかります。シャワーは2日後から可能です。縫合の傷は当初目立ちますが、3~6カ月ほどで目立ちにくくなります。

皮膚移植

自分の皮膚を移植して広範囲の刺青を消します

タトゥーのある部位の皮膚を浅く削ったところに、自身の尻などの皮膚を切り取って自家移植する方法です。切除法では対応しにくい広範囲の刺青にも適応可能です。また、レーザー治療では除去できない深いタトゥーにも対応します。 デメリットは、移植された皮膚と周囲との質感の違いから目立つ場合があること、タトゥーを除去した箇所と皮膚を採取した箇所の2箇所に傷跡が残ることです。 施術時間は2時間以上。局所麻酔か全身麻酔を使用します。移植した皮膚が定着するまでに1週間から1カ月かかり、その間、入浴など皮膚に刺激を与えることはできません。